よくある質問

 
「テニュア」とは?

定年制適用教員としての身分を指します。

 
 
愛媛大学におけるテニュア教員育成制度とは?

新規採用の若手教員等に,一定期間にわたり体系的なプログラムのもとで大学教員として必要とされる業務(教育,研究及びマネジメント)全般に関わる能力開発と財政的支援を行い,教育者・研究者としての自立した経験を積ませ,テニュア取得に係る厳格な審査を経て,テニュア職へ移行させる制度をいいます。

 
 
テニュア育成教員が,受講する研修科目について既に十分な専門的知識を有している場合は,当該科目については「受講を免除し修了済み」の取扱いをすることはできるのか?

専門的知識の有無にかかわらず,定められた研修科目の受講が必要です。

 
 
テニュア育成教員が,既に愛媛大学やSPODで開講している研修科目を受講している場合は,当該科目については「受講を免除し修了済み」の取扱いをすることはできるのか?

テニュア育成教員として在職前・後に受講した研修科目を能力開発(PD)プログラムとして認定する制度があります。所定の手続きに応じテニュア育成教員能力開発室において審査を行い,研修科目,受講時間等が認定されます。

 
 
テニュア育成教員以外の者でも能力開発(PD)プログラムの部分受講はできるのか?

能力開発(PD)プログラム(テニュア育成教員のみを対象としているものを除く。)の部分受講は可能です。

 
 
テニュア教員育成期間中の最初の3年間で実施される財政的支援とはどのような支援のことなのか?

研究支援経費として、当該教員に対しテニュア教員育成期間中の最初の3年間支給するものです。
支給額は本学の財政的事情により適宜見直すものとされています。

 
 
テニュア資格審査において,「合格」の基準はどのようになるのか?

「テニュア資格審査」において合格となる基準は,助教にあっては講師以上,講師にあっては准教授以上の資格を有すると判定された場合です。この場合の審査基準は,当該テニュア育成教員を採用した部局の教員選考基準等が適用されます。

 
 
テニュア資格審査においては,テニュア教員育成期間中に上げた研究業績に対しての審査となるのか?

「テニュア資格審査」の対象となる研究業績は,資格審査時点におけるこれまで上げてきた研究業績が対象となり,テニュア教員育成期間中に上げた業績に限定されるものではありません。ただし,資格審査時に適用する部局の選考基準に対象期間が示されている場合は,示された期間が対象となります。

 
 
テニュア育成教員の研究成果の発表はどのようになるのか?

テニュア資格審査での中間審査又は最終審査において合格となった方を対象として,「研究成果発表会」を開催し,研究内容について報告いただきます。

 
プログラム関連情報
テニュア教員育成制度ガイドブック
PDプログラムシラバス
  • エデュケーショナルディベロップメント
  • リサーチディベロップメント
  • マネジメントディベロップメント
  • その他のシラバス
 
PDプログラム受講管理システム
  • 管理者用
  • 教職員用
 
愛媛大学教育企画室
四国地区大学教職員能力開発ネットワーク
ページトップへ